あそこの洗い方

じつは、あそこの臭いに悩んでいる人の多くが、間違った方法であそこを洗っているケースが多いです。

デリケートゾーンの中でも、とくに膣内の洗い方については、「洗ってはいけない」とか「ボディーソープで洗っても大丈夫」など、誤った情報も多いのが現状です。

間違った洗い方や、ケアのせいで、あそこの臭いをかえって強くしてしまっている可能性があります。

ダメ

もっとも間違えやすいのが、最近人気のデリケートゾーン用の石鹸です。デリケートゾーン専用の石鹸ですが、膣内用ではありません。

正しいあそこの洗い方で清潔なあそこを

正しいあそこの洗い方を知ろう

あそこを清潔に保つため、あそこの正しい洗い方を知り、デリケートゾーン全体を清潔に保つことがとても大切です。

女性のあそこは、複雑な構造になっているので、とても洗いづらいです。さらに、尿によって汚れやすかったり、オリモノが分泌されたり、雑菌が好むアポクリン腺も多くあるので、少しでも気を抜くとすぐに菌が繁殖し、臭いの原因となってしまいます。

それでは、あそこの臭いを予防するには、一体どのように洗うのが効果的なのでしょうか。

あそこの洗い方

あそこの洗い方の大事なポイントとして、次の2点があります。

  • 表面だけではなく、膣内部もよく洗う。
  • 「デリケートゾーン石鹸」「膣内洗浄剤」を使用して洗う。
コメント

女性のあそこは、皮膚や粘膜で覆われているので洗いづらいですが、大事なポイントは表面も、膣内も全て綺麗に洗うことです。

デリケートゾーン専用石鹸で表面(外陰部)を洗う

表面を洗う際は、デリケートゾーン専用石鹸をよく泡立てて洗います。普通の石鹸や、ボディソープは厳禁です。無理にゴシゴシ洗ってしまうと、刺激を与えすぎて黒ずみの原因にもなってしまいます。よく泡立てた泡で優しく洗うようにすると良いでしょう。

また、皮に隠れている部分や、溝くなっている部分は、恥垢(陰部のあか)が溜まりやすいので、とくに丁寧に洗いましょう。

デリケートゾーン用石鹸 人気ランキング

膣内専用洗浄剤で膣内を洗う

膣内に関しては、オリモノなどの粘着性の高いタンパク性の汚れが、たくさん付着していているので、そのままにしておくと雑菌の繁殖の原因となります。

そのタンパク性の汚れは、水だけではきれいに取り除くことができませんので、膣内専用洗浄剤を使ってきれいに洗う必要があります。

「デリケートゾーン用石鹸」と「膣内専用洗浄剤」について

上記でも説明していますが、身体用の石鹸はもちろん、デリケートゾーン用石鹸でも膣内を洗うことはできません。

膣内に石鹸成分が入ると、自浄作用(膣内環境)を乱してしまい、さらに臭いが悪化してしまう可能性があります。

(外陰部などの入り口までを洗うには、デリケートゾーン用石鹸は大変おすすめです。)

そのため、膣内を洗う際は、以下のような、膣内専用洗浄剤を使用することが大切です。

  • 身体に安全である。
  • 膣内に必要な善玉菌は守りつつ、雑菌や汚れは、しっかり取り除くことできる。

おすすめの膣内専用洗浄剤はインクリア

インクリアなら、善玉菌を守りながら、しっかり洗浄ができるのでおすすめです。

・婦人科医と共同開発の製品で安心。
・善玉菌を守りながら、汚れやオリモノもしっかり洗い流す。

インクリア

  • 84%が効果を実感
  • 産婦人科と共同開発で安心
  • デリケートゾーン石鹸でも洗えない膣内洗浄
  • 水では落ちない汚れやオリモノも洗浄

詳細を見てみる

あそこ臭い ノネナール(加齢臭)対策にもインクリア

ノネナールとは、加齢臭の元である物質です。アラフォーに差し掛かると、ノネナールが分泌され、あそこの臭いが強くなります。年齢と共に増す加齢臭は、しっかりと対策することで抑えられます

デリケートゾーン専用の石鹸でも、ノネナールが発生する皮脂を洗い流せます。ですが、膣内部までしっかりと洗浄すると、より臭いがおさえられます。加齢によるあそこの臭い(ノネナール)対策は、インクリアで膣内洗浄をするのがおすすめです。