CMで話題のフェミニンゾーン専用の洗浄剤ラクタシードは、本当にあそこの臭い改善に効果があるのか気になるところですよね。

ラクタシード

「価格が安いから1回使ってみたい」
「でも、どこで売っているか分からない」
「本当にあそこの臭いがなくなるの?」

そんなラクタシードに関する疑問を、当サイトが徹底的に解決していきます。

コメント

あそこの臭い改善には、「アルコール剤・合成物質が含まれていない」「臭いを抑える成分が含まれている」「善玉菌まで洗い流してしまわない」などのポイントが含まれているデリケート専用の石鹸を選ぶことが効果的です。

ラクタシードは本当に安全?あそこの臭い改善に効果があるの?

ラクタシードの画像

ラクタシードは、安心して使用できる製品かを調べてみました。

アルコール剤・化学合成物質が含まれていない ×
臭いを抑える成分が含まれている ×
善玉菌まで洗い流してしまわない

ラクタシードは、化学合成成分・アルコール剤が含まれており、臭いを抑える成分が含まれていません。pH値が膣内部と同じ酸性なので、善玉菌まで洗い流してしまう心配はないのですが、あそこの臭いが改善できる製品とは言い切れません。

医学的な根拠がない

ラクタシードには、医学的な根拠がありません。あくまで「ボディケア・化粧品」というカテゴリーなので、確実に臭いを改善することができるとは言えないのです。

また、日本人向けに作られている製品ではなく、もともとは海外メーカーが販売している製品なので肌が荒れやすい方には少しハードルが高いかもしれません。

肌に合わない製品を使用すると、臭いが改善されるどころかデリケートゾーンがかぶれてしまい、かゆくなってしまうので悩みの種が増えるだけです。安全性が認められている製品ではないので、肌の弱い方は使用を避けたほうがよいかもしれません。

ラクタシードの成分はシャンプーとほとんど一緒

ラクタシードの成分を調べたところ、そのほとんどがシャンプーで使用される成分と同じでした。

主なシャンプーの成分は、スルホコハク酸、ラウリル硫酸Na、コカミドプロピルベタインなどです。ラクタシードにも、これらすべての成分が含まれており、デリケートゾーン用の石鹸としては少し刺激が強いように感じました。よく、SNSなどで「股洗いシャンプー」と言われているのも納得です。

実際に使用している方の口コミをみても、「満足している」「かぶれてしまった」「かゆくなった」などの正反対の意見が多いので、使用してみないと肌に合うか、合わないかの判断が難しいところです。

ラクタシードは長期的な使用が効果的

ラクタシードには臭いを抑える成分が含まれていませんが、膣内部の自浄作用の働きを高めるホエイ(乳酸・乳清)が含まれているので、長期的に使用を続けることで少しずつ臭いを改善していくことができます。

自浄作用は、膣内部の雑菌の侵入を防いだり、繁殖しないようにしたりする役割を持っています。臭いの原因となる雑菌の増殖を防ぐことができるので、継続的にお手入れを続ければあそこの臭いが抑えられます。

ラクタシードは薬局・ドラッグストアで購入できる

ラクタシードは、薬局、ドラッグストア、スーパー、百貨店などで購入することができます。

楽天やamazonなどのインターネットでも購入できますが定価より高い場合が多いので、安く抑えたいのであれば実店舗で購入するのがおすすめです。

地域によっても異なりますが、スギ薬局や、マツモトキヨシ、ドンキホーテ、ダイコクドラッグなどで販売されているようです。

あそこの臭いを改善するならジャムウ石鹸がおすすめ

ジャムウ石鹸

「ラクタシードは肌荒れが心配」「確実にあそこの臭いを改善したい」という方は、ジェムウ石鹸を使用するのがおすすめです。

ジャムウ石鹸は、実店舗で販売されておらず、CMなどの広告もおこなっていないので知らない方も多いようですが、すべて天然成分で作られているデリケートゾーン専用の石鹸です。

ラクタシードのように化学合成・アルコール剤が一切含まれていないので、あそこに使用しても肌が荒れてしまう心配がありません。また、臭いを抑える成分もしっかりと含まれているので、確実にあそこの臭いを改善することができます。

ただし、ジャムウ石鹸の中には、臭いを抑える成分が含まれていないあまり効果が期待できない製品もあるので、下記の「あそこ専用石鹸ランキング」を参考にしてみてください。臭いを抑える成分がしっかりと含まれているジャムウ石鹸をご紹介します。

あそこ専用石鹸ランキング